読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめつちや 〜自然と調和した生活〜

シンプルで自然と調和した生活、自閉症の娘と共に暮らす日々を綴っていこうと思います。

半自給生活

 

 

山伏ノート ~自然と人をつなぐ知恵を武器に~ (生きる技術! 叢書)

 

入院した時にカバンの中に入れてた「山伏ノート」を昨日読了しました。

 

山伏にはなりたくありませんが、田舎に住んでいると、「うんうん」とうなづける描写は多々あり。

 

山での暮らしやマタギの事などなど。うちのなくなった祖父はマタギではありませんが、山で鉄砲撃ちはしてました。ツキノワグマや鷹の標本作りも得意でした。蜂に刺されれば、熊の胆嚢の薬を塗ってもらった記憶もあります。 とった肉で熊汁や燻製を作って食べさせてもらったという話も母から聞きました。残念ながら私は熊は食べたことがないですが、お正月に祖父がとった鴨のお雑煮を食べた記憶はあります。

 

夏は魚を釣ってお客さんに振舞ったり、冬になるとカンジキを作ったり。瓢箪作りもしてました。雪深い山奥なので当然お店は少なく、自然のものを使って無駄なく生活してたんだな、と今となっては思います。

 

現代の生活で、それをやろうと思うと逆に難しいかもしれませんね(^^;;本気でやるなら山に移住か、もしくは趣味の範囲ですね。

 

私も庭で家庭菜園くらいやろうと、毎年あれこれやってはいるのですが、娘の育児に手がかかりすぎてせいぜいハーブ園どまりです。

もう1人産まれるのでしばらく畑は無理そう。

 

ただ、植えまくったハーブ達が元気に毎年自生し始めたのでそちらはそんなに手をかけずに管理できそうです。

 

ローズマリー、パープルセージ、チェリーセージ、コモンタイム(その他にもタイムは何種類か)フェンネルワイルドストロベリーなどなど、もう何もしなくても元気です。

 

ホーリーバジルはインド原産だそうですが、私の住む寒い地域でもこぼれ種で翌年発芽しました。今年はコリアンダーも地植えしましたが、これはこぼれ種は厳しいかな。種は一応半分収穫してとってあります。

 

赤紫蘇、ドクダミは敷地に勝手に生えて増えています。山椒も自生してすくすく育ちました(買ってきて植えたのは枯れてしまいました…)

 

子供に手がかからなくなったら、畑を始めて半自給生活をやりたいな〜と思います^ ^