あめつちや 〜自然と調和した生活〜

シンプルで自然と調和した生活、自閉症の娘と共に暮らす日々を綴っていこうと思います。

趣味のこと

20代前半から非常に多趣味でした。

 

植物の水彩画、お菓子教室、パン教室、陶芸教室、手芸、藤細工、金継などなど。。。

 

でもって、仕事がデザイン、商品開発、企画、生産までやっていたので、趣味と仕事の境界線が非常に曖昧でした。

 

金継や簡単なチラシ作りなどは、バイト程度にやってました。

 

30代に入り結婚して子供を産んでからは趣味をやる時間もなく、少しずつ減らし物が残らない趣味をやるようにしました。主にパン作り、お菓子作り、お料理、です。自分の身体に還るものばかり。加工品も自分で作れば、かな楽しめます。

 

でも、やっぱり物作りが性分なのか2年前から陶芸教室も再開しました。器を作りたいというよりも、家の玄関に手作りの陶器のタイルを貼りたいという目的があってやり始めました。あと、園芸用の植木鉢も作りたくて。

 

なので、今続いてる趣味は

 

●パン作り

●お菓子作り

●お料理

●陶芸教室

●時々落書き程度のスケッチ

 

ただ、今通っているところは初めから自由にものを作れるのではなく、ある程度課題を終わらせてから自由制作に入るというカリキュラムでした。1週間に1度程度通って、ようやくカリキュラムが終わるかな〜という頃に今回の入院(笑)

 

1年間おやすみしてから再開することにしました。

 

f:id:ametutsi:20151217213921j:plain

 

ちなみにこれが入院前に焼きあがった最後の作品です。何個か素焼きまで進んでるのもあったので、それはまた1年後やることにします。

 

 

 

「できないことを何とかしようとするよりも、できることを楽しんだほうがいい。できることのなかに、結構たくさん楽しいことがありますから」
– 梅棹 忠夫(民俗学者/1920-2010)

 

↑昨日、どっかのまとめサイトで見つけた言葉。これ以上は趣味を増やさないで、これまでやってきた事を続けようと思いました(^^;;